ママ必見!家庭の困ったをキッチンワゴンで解決!

こんにちは。
ママスタッフ、デザイナーのタカです。

今回は組み立て簡単!品質グッド!嬉しいお手頃価格のキッチンワゴンの我が家流、活用術をご紹介します!

育児、家事、仕事…忙しいママさんにぜひお勧めしたい「キッチンワゴン」キッチンはもちろん、さまざまな場面で家庭の困った…を解決してくれます!

目次

キッチンワゴンをキッチンに

キッチンワゴンを雑多になりがちなキッチンで使ってみました!今回は木製天板の12.7mmポール、幅30 4段のキャスター付キッチンワゴン (幅30×奥行45×高さ92.5cm) を使っています。

我が家のキッチン事情

我が家のキッチンは現在広く普及している、対面型キッチンで上部と下部に収納スペースがあります。また写真には写っていませんが、キッチン横にクローゼットがあり、そこにも少し収納できます。しかしながら、それだけでは収納場所が足らず、キッチン後ろに床の色味と近いキッチンラックを1台置いて、主要な家電を収納しています。

現在使用しているラックは10年以上使用しているオーブンレンジをはじめ、家電が既にモリモリで、さらに子供が生まれてからは「時短!時短!」と家電やら長期器具が増え、「使いやすい収納」からかけ離れた「入るところに入るだけいれる、適当収納」になってしまっています。適当収納は目的のものを出すのに時間がかかるので、結果、時短につながっていない気がします。本末転倒ですね。

キッチンワゴンで解決!inキッチン

そんなキッチンに、いざ!キッチンワゴンを置いてみました!気持ち的に「できるだけコストを抑えたい…」「大物では無く、気軽に、手軽に、キッチンで使わなくなったら別の場所でも使えるラックが良い」そんな思いがあり、こちらのキッチンワゴンを選びました!

天板は作業台にしたかったのですが、やはりTファールの電気圧力鍋が大きいこと。すごく使える時短!神家電ですが、収納に困ります。よく登場する割に、クローゼットの奥に収納していたので、キッチンワゴンに載せてすぐ使えるようにしました。天板の余りスペースは一時的にものを置いたりしようと思います。

下から1段目はお菓子ボックスとお水のストック、2段目は米びつと夫が飲むプロテイン、3段目は乾物を収納しているボックスをのせています。米びつが重いのでシェルフ弛まないかな…と心配したのですが、実はこのシェルフ耐荷重が40kg!米びつも楽々置けます。(※木製天板は耐荷重30kgです。)

そして実際に収納をしてみて気が付いたこと、それは…見せる収納は適度なゆとりが必要ということです。適度なゆとりがあることで取り出しやすく、しまいやすい、さらにワゴンを動かす時も楽に動かせたので、使いやすさを感じました。

キッチンワゴン単体です。普段使っているキッチンラックと余スペースにピッタリでした!ピッタリだと嬉しいですね。またシェルフは「囲い付きシェルフ」で物が落ちにくい仕様になってます。木製天板はしっかりと木目が感じられ、お手頃価格なのに質が良いなと感じました!

キッチンワゴンを玄関に

キッチンワゴンを玄関に置いてみました!実は!これが一番やりたかったキッチンワゴン収納なのです!

我が家の玄関事情

我が家の玄関は、すぐ右側にはシューズクローゼット、奥には階段下収納がありますが、玄関でサッと物を置ける・取れるような棚がないんです!これがものすごく不便です。

シューズクローゼットには本来はすぐ使えるように出しておきたい、消毒ジェルが入ったボトルなども入っており、雑多になっているので基本的には扉を閉めて隠しています。玄関に棚が無いということは、置きたいものが置けず床に直置きになる、またはシューズクローゼットに押し込む、そして一番困ることが、2階にあるリビングに忘れ物をするという事です。

特に娘を保育園に送る朝「あれが無い!これが無い!」がよくあります。ただでさえ時間がギリギリに迫っている中、娘の支度がスムーズにいく日は稀で、いつもバタバタしてしまいます。やっと支度が完了!いざ保育園へ!ドアを開けて気が付く「鍵を忘れた…」自分が悪いのは十分承知ですが、実際によくあります。玄関に忘れやすい重要なものが全て揃っていたら。そんな夢のようなラックを実際にキッチンラックを使って作ってみました。

キッチンワゴンで解決!in玄関

それがこちら!スペースにシンデレラフィットなキッチンワゴン!このサイズ感とっても使えます!幅30 4段のキャスター付キッチンワゴン (幅30×奥行45×高さ92.5cm)

一番上段の木製天板には友人宅の玄関で一目ぼれし憧れていた、ウェルカム風のお手迎え装飾エリアを作りました。そこにシューズクローゼットに押し込まれていた消毒も置きました。家に帰ってきてすぐに消毒ができるので、とても使いやすいです。上から2段目には保育園に必ず持って行かないといけないネームプレート、マスク、鍵を置いています。

上から3段目は夫婦そろって忘れがちなハンカチと帰ってすぐアウターやバッグ等にスプレーできるようにファブリーズを置きました。その後ろには床が冷たいので保育園でも履いている、娘のブーティを置いています。

上から4段目には娘の登園時に使っているポルバンのヒップポーチ(ウエストポーチタイプの抱っこ紐)と娘のリュックを。ヒップポーチはいつも直置きでした。直置きは掃除をしていても、埃が気になるのであまり好きでは無く、困っていたので収納場所を設けられて嬉しいです。

リュックは娘がたまに「使う!」と言うので置いています。帰宅後に鍵等すぐ置けるように、こちらもキッチン収納と同じく「置きすぎ」には注意しました。ぽいっと置けて、次の日探さずともすぐ持っていけることが重要です。

ちなみに階段下収納の扉を開けることも想定してキッチンワゴンを選びました。ワゴンなので場所を変えたいと思ったらすぐ移動できますし、掃除機がけの時もすっと動かせ、ノーストレスです!本当に万能!

キッチンワゴンの魅力

キッチンだけではなくアイデア次第でさまざまなシチュエーションで使えるキッチンワゴン。私が感じるキッチンワゴンの魅力を3つご紹介します!

キッチンワゴンはお手頃価格

どのラックも素敵!と思っても意外とお値段が高い…と迷ってしまうことはありませんか?お手頃価格のものはすぐ錆びてしまいそうと品質が心配で、結局何を選んで良いのかわからなくなることが私にはよくあります。今回は大物ラックでは無く、手軽に使えてしかも使いまわしができるラック、予算は税込5000円台で探しました。そこで見つけたのがこちらの「木製天板の12.7mmポール、幅30 4段のキャスター付キッチンワゴン (幅30×奥行45×高さ92.5cm)品番:SS453090-4」です!

重要だったお値段は、本体税込4,930円 +送料税込880円=税込5810円!嬉しい予算内商品でした!さらにこちらのキッチンワゴンは全てセット!木製天板、シェルフ、スリーブ、ポール、ハンドル、キャスター(ストッパー無し)、アジャスターがセットになっているので、パーツ代金がプラスされるという心配もありませんでした。

必要なパーツは全てセットになっています。

そしてキッチン収納の際に少し触れましたが、家電置けるかしら…米びつは…?置けます!キッチンにある大概のものは置けます!なんと耐荷重は木製棚板(1枚あたり):30kg、スチール棚板(1枚あたり):40kg、全体:アジャスター装着時 150kg、キャスター装着時 60kg、今回はキャスターを着けていたので全体では60kgになります。すごい!

そして最後に品質!すぐに錆びてしまっては話になりません。ここで出てくるのが、嬉しい「クリアコーティング防サビ加工」ポールとスチール製シェルフに加工されています。図の通り3層構造かつクリアコーティングで仕上げられているので、錆びにくく安心です。

キッチンワゴンは組み立て簡単

実際に組み立ててみて、本当に簡単で驚きました!ネジやドライバーなどの工具は一切必要なし!(しっかり固定するには、プラスチックハンマーがあると安心ですが、無くても十分固定できました。)まずは届いた時の梱包の小ささにビックリしました。そして開けると中に入っているのがこちら!

木製天板×1枚、シェルフ×3枚、スリーブ×18個、ポール×4本、 ハンドル×1本、キャスター×4個(ストッパーなし)、アジャスター×4個が入っています。ポールは分割されて梱包されており、くるくると回して取り付けるタイプでした。しまう時にも場所を取らなくて嬉しいですね!

説明書通りに組み立てていくとアッという間に完成しました!もちろん女性一人で簡単に組み立てられます。時間が無いワーキングママさん、必見です!私は娘がお昼寝中に開封から組み立てまでできました。

こちらが完成したキッチンワゴンです。もちろん棚板の位置も置くものに応じて変えることができます。私は均等になるように調整しました。テレビの配線や難しい家具の組み立てが苦手な私でもこのキッチンワゴンは、楽しんでさくさく組み立てられました!すごい!

キッチンワゴンはコンパクト

実はキッチンワゴン隙間収納としても使えるアイテムなので他のラックに比べると、とてもコンパクトです。その分使いやすく小柄な私にはピッタリでした。そして「組み立て簡単」でも少し触れましたが、解体するととてもコンパクトになるので収納場所をほとんど取りません。

個人的にラックを解体した際に困るのが長いポールの保管です。立てて収納すると倒れる危険性が…寝かして保管するにも長さのあまり、どこに置いておこうか悩みの種に。しかしこのキッチンワゴンはポールが2分割でき、スペースをあまりとらないのでクローゼットの中などに寝かせて収納できます。

最後に

いかがでしたか?家庭の「困った」を見つけたらぜひキッチンワゴンを視野に入れてみてください♪

ちなみに組み立てた後、娘が起きてきてポールにスリーブをつけることが楽しかったようで、一生懸命スリーブをつけてくれました!

スリーブは必要な数量分しか入っていないので、シェルフを外し、スリーブを娘に渡し「もう無いよ~」の繰り返しでした(笑)スリーブはどこかに行きやすいので無くさないよう注意してくださいね!

当店ではキッチンワゴンやワゴン、たくさん取り扱っていますのでぜひチェックしてみてください♪ホワイトやナチュラル、スタイリッシュなワゴンまであります!